犬の脊髄空洞症(せきずいくうどうしょう)ってどんな病気?


脊髄は脳と繋がっている神経の束で、脳からの指令を体に伝えたり、体からの情報を脳に伝えたりする役割を担っています。脊髄は内側から軟膜、クモ膜、硬膜という3つの膜で包まれており、軟膜とクモ膜の間をクモ膜下腔(くもまくかくう)といいます。
このクモ膜下腔は脳脊髄液で満たされており、外部からの衝撃から脊髄を守るクッションのような役割をしています。脳脊髄液は脳室で産生され、少しずつ吸収されながら脳や 脊髄の周りをゆっくり流れています。
先天性、あるいは後天性の原因により脊髄内に空洞が生じ、その空洞内に脳脊髄液と同様の液体が満たされ、脊髄を内側から圧迫してしまうことがあります。そのため脊髄の機能に障害が生じ、さまざまな症状をおこす病気が脊髄空洞症です。

(最終更新日 : 2020年06月01日)

送料無料 会員登録

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

営業日カレンダー

2023年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

土曜日・日曜日・祝日は休業日とさせていただいております。
土曜日・日曜日・祝日にいただきましたご注文商品の発送は在庫があります場合は翌営業日となります。
※掲載されている商品は実店舗でも販売を行っておりますので、ご注文が可能でも売り切れている場合もございます。
その場合、お客様には入荷予定を連絡いたしますが、万が一入荷予定がない場合は、キャンセルさせていただく場合もございます。
あらかじめご了承願います。
ページTOPに戻る