犬の股関節形成不全


股関節形成不全とは、ワンちゃんの股関節が発育の段階で形態的な異常を起こし、様々な症状を引き起こす病気

です。
一般的に両側の股関節に発症することが多いといわれておりますが、片側性の場合もあり、大型犬や超大型犬での発症が多くみられます。

股関節形成不全

◆原因


原因は

遺伝的素因や、成長期の偏った栄養や運動などが関与している

といわれています。
これらの原因によって、大腿骨を受け止める骨盤のくぼみ(寛骨臼)が浅かったり、本来は丸い大腿骨の先端が変形していたりするために、うまく関節がかみ合わず歩行の異常などが現れます。

◆症状


股関節形成不全の症状は生後 4 - 12 ヶ月ごろに確認されることが多いといわれていますが、 2 - 3歳になってから症状が現れる場合もあり、次のような症状がみられます。

  • ・横座りをする
  • ・腰をふるように歩く(モンローウォークといわれています)
  • ・四肢をつっぱるように歩く
  • ・ウサギ跳びのように後ろ足を一緒に動かして走る
  • ・立ち上がるのに時間がかかる
  • ・高いところからの昇り降りや、運動することを嫌がる
  • ・立っているとき、後ろ足の左右の接地点間隔がせまい 

◆治療


ワンちゃんの年齢や症状、股関節の状態、飼い主の希望などによっても治療法は異なりますが、一般的には、内科的治療(保存的)と外科的治療があります。

●内科的治療(保存的)

鎮痛剤やレーザー療法などによる痛みの管理や、運動制限、肥満を防ぐための体重管理などを行います。内科的治療で症状が緩和され、良好な生活を送れるケースもありますが、症状が重度な場合や内科的治療を行って症状の改善がみられない場合などは、外科治療を行います。

●外科的治療

股関節形成不全の手術には「骨盤 3 点骨切り術」「股関節全置換術」「大腿骨頭切除術」などがあります。ワンちゃんの症状や関節の状態になどによって、適応時期や手術方法が異なります。また、外科的治療を行う場合は、麻酔のリスク、手術後の安静期間やケア方法、費用につきましても、かかりつけの動物病院とよくご相談ください。

◆予防


幼齢期に過剰な栄養を与えたりすることは、股関節形成不全を発症させる原因といわれておりますので、注意が必要

です。
また、股関節形成不全があるワンちゃんの場合は、症状の進行を防ぐために体重管理が大切です。
肥満にならないように、日頃からのこまめな体重管理を心がけましょう。
また、フローリングなどの滑りやすい床材は避ける。足の裏の毛が伸びてくるワンちゃんは、滑らないようにするため足の裏の毛を短くカットする。
ジャンプや過度な運動をさせないなど、日常生活での注意も重要です。
ワンちゃんに股関節形成不全が疑われるような症状が見られた場合は、早めにかかりつけの動物病院に行きましょう。

※引用元
アニコム ホールディングス株式会社 “みんなのどうぶつ親子手帳”(2014年)
[http://www.anicom-page.com/all_details?type=2&id=54] (最終検索日 : 2015年1月12日)

送料無料 会員登録

商品検索

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

無題ドキュメント

営業日カレンダー

2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤字は休業日です

土曜日・日曜日・祝日は休業日とさせていただいております。
土曜日・日曜日・祝日にいただきましたご注文商品の発送は在庫があります場合は翌営業日となります。
※掲載されている商品は実店舗でも販売を行っておりますので、ご注文が可能でも売り切れている場合もございます。
その場合、お客様には入荷予定を連絡いたしますが、万が一入荷予定がない場合は、キャンセルさせていただく場合もございます。
あらかじめご了承願います。
ページTOPに戻る